飽きたらお休み


<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧



阪神優勝のおこぼれ?

奇跡~~~
参加することに意義がある!オリンピック精神で夏に受けた

ジュエリーコーディネーター2級!合格・合格・合格してました。

ネット発表には番号しかのってなくて、2級合格者をつらつら見てましたが、

「だめだった~もっとちゃんと勉強すればよかった・・・え??これ
順番めちゃくちゃ、ええ??どうよ、う~~~うわ!あった・・・・・きゃ~」
すごい順番がランダムでした。

しばらく1人で喜びをかみしめ、苦しくて辛かった蛍雪の日々を思い出しつつ、
そんなもんはなかったけど、

冷静にみると、私の順番はかなり後ろの方(左上から1番としたら、下から6番目)
だったんで、もしやこれって成績順?ううやだなあ。露骨だよな。
とにかく無事に合格しました。次はFGAにトライです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-30 11:30 | El tesoro お宝


以前も紹介した

私の心と体のオアシス
フットルーム プラナ
今日、仕事に行くまでの空き時間に台湾式リフレクソロジーしました。

ようは足ツボですね。しかもグリグリ痛いやつ。

台湾式はかなり久しぶり。で、痛かったですやっぱ。
「ここは頭」「ここは胃」「ここは子宮」「ここは肝臓」「ここは腎臓」・・・・・・・

私が痛みをこらえて「むぐぐぐう」って声にならないうめきを抑えるたびに
悪いところを教えてくれるんですけど、結局どっこも悪いってことじゃん。

「少し緩めましょうか?」って言ってくれましたが、これでひるんだらもったいないような
気がして

「いや、大丈夫、平気平気」って顔引きつらせつつ笑顔。

でも、やっぱり終わると足がぽかぽか。今はやりのデトックス効果もあって
トイレダッシュ。

自宅での足ツボポイントも教えてもらいましたが、自分でやると痛くなるまでやらないから
効果ないんです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-30 03:19 | 健康歳時記


阪神優勝!

2年前も、そして今年も阪神優勝の日に勤務でした。
私、阪神ファンじゃないですし、そもそも野球はそんなに好きではなくて、

きっとこういう仕事していたら、優勝の原稿を書きたいとか、
読みたいとか

熱い熱い思いをもっている人はたくさんいるのに、たまたまシフトで
わたし、こんな情熱のない私でごめんなさい。

でも、いやだからこそ、客観的に冷静な原稿を書いたつもり。
フリルもつけず。

しかし、相当、にわか阪神ファン。というか、ただ暴れてたいだけのやつらが
深夜もいるんだろうなって想像してましたが、

帰りのタクシー。信号無視にノロノロ運転の原付二人乗りの
アホアホカップルで道はあふれかえってました。

当然、道は大渋滞。真の阪神ファンはお気の毒です。

若者!そのエネルギー他に持っていくとこあるだろ。
あまりの青さに不憫にすら思えます。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-30 03:11 | ニュース


へっへ~~~神戸牛

外人タレントが
「日本食で好きなものは?」

ってインタビュアーに聞かれて、しょっちゅう「すし、天ぷら、神戸ビーフ」って答えるの
どうせたまたま食べたのが神戸牛だろ~って思ってましたが、

今日、生まれて初めてきちんと神戸牛食べました。
といっても、ごくごく普通というか、リーズナブルなナイスなお店をたまたま発見して

ステーキランドKOBE

たまたま歩いて、看板見て おっ安いじゃん!お客さんもたくさん入ってるし!ここだ!
と思って、入りました。

ステーキセット 200g 特製スープ、焼野菜、サラダ、パンORライス コーヒー付き
2680円!

目の前で焼いて、しかもスタッフの気配りが半端じゃない。
こっちの心を見透かすように「パンもすぐにお持ちいたしますね」
って兄ちゃんが言ったとたんに後ろから、女性の従業員が

ほかほかのクロワッサンを持ってきてくれました。

お肉も、私たいていはしっかりこんがり焼いてもらうんですが、
なんとなく今日はミディアムに

あ~~よかったミディアムにして。肉が口の中で溶ける。
とくタレントのコメントでよく耳にしますが。

おっしゃるとおり~
ほんとに溶けて、どっかに行きました。

お値段がお値段なんでどうかなあって思ったけど、電車代つかってもまた
来たいなと思いました。

料理もですが、スタッフの気配りも最高です。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-23 22:16 | お店


ひょえ~~~待ち時間8時間???

閉幕間近の愛・地球博!

私は、このブログにも載せましたが、開幕直後の3月末に行きました。
入場券つきの超超格安ツアーで父と2人で。

そのころはまだ建設中の外国パビリオンもたくさんあって、もうガラガラ。
もちろん、そのころからいわゆるトヨタ館など企業パビリオンはそこそこの

行列で(それでも待ち時間1時間とか・・・)。
待つのがいやで、外国パビリオン中心に、数えるのが面倒なほど

回りました。

それがいまは・・・・ああ早く行ってよかった。

週刊誌にも万博の混雑ぶりがたくさん記事になっていますが、
なんでも早目にするもんだなってことですね。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-23 22:05 | おぼえがき ダイアリー


行ってきました

神戸県立美術館でやっている新 シルクロード展

さすがに3連休の初日ということもあり、午前中なのにすごい人でした。

実はシルクロード 知識ゼロ。3つのロードがあるってことも知らなくて。
でも、1000年経っても、たぶんこれから先も2000年たっても結局、人間の

美意識って普遍なんだなって痛感しました。

そして遥かなる時を越えてこんなもんが残っていることに驚愕。
10年位前の手紙が茶けてきて、ああ私も歳をとったなあなんていってるのが

恥ずかしくなりました。

展示会のお客さんはやっぱり年配の方が多くて、特に女性が多かったです。
私も含めてですが、歴史にあんまり通じてないけど、でもとりあえず

こういったもんには行って見ようって心意気!
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-23 22:01 | El tesoro お宝


足湯

今日は神戸でぶらりんぶらりん

こんな足湯もあったりします。ただです。
a0035605_21534857.jpg


も少し寒くなってからの方がありがたさが分かるかも。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-23 21:53 | 健康歳時記


神戸のおいしいコーヒーは

a0035605_2151081.jpg

元町のここかな。ひっきりなしにお客さんが出たり入ったり。

本当においしいです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-23 21:52 | お店


趣の違う作品を一気に観る どっちも最高

海辺の家
これは観て欲しいというより、”観なければならない”くらい素晴らしい作品です。
ケビン・クラインの演技が自然でありながら、実に深いというのもあるんですが、
脇を固める俳優たちも劣らぬ存在感。

ケビンの演技のせいで(ガンにおかされてどんどん具合が悪くなっていく)、
映画を観終わったとき、私もつられて具合が悪くなってしまったくらいです。

だからといってお涙もんではなく、もっともっと大事なことに気づかせてくれました。最後の最後にこんなことだったのか・・・ってのもよいです。

エル・シド
11世紀、スペインを救った伝説の英雄エル・シドの生涯を描いた大スペクタクル映画。
とおおげさに書きましたが、本当にそうです。ベン・ハーぽい作品!

チャールトン・ヘストンがエル・シドを演じているんですが、なにより
妻ソフィア・ローレンの美貌は尋常ではないです。

もうどの角度から見ても完璧で、笑っても(あまり笑うシーンはなく、微笑むくらいでしたが)怒っても泣いても非の打ち所がない。

いかなる高度整形技術を持ってしてもあんな顔は作れないだろうなあ、イタリアに行ったらあんな女性いっぱいいるんだろうな~とかいらんこと考えながら観てました。

父と一緒に観たんですが、「次はこうなる」とか「ここからがヤマ場」とかご丁寧な解説つきで
本当はラストシーンの、エル・シドが死んだまま白馬に乗って浜辺を駆け抜けるんですが、

このラストも感動ものなんですけど、「最後が笑える」って言うもんだから
本当に笑ってしまったよ・・・も~~~~
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-19 13:13 | 映画について


私の好きな俳優たち

NY検事局
大好きなアンディ・ガルシア主演で楽しみに観ました。
与えられた職務と現実の腐敗とのギャップに苦しむ若い地方検事の話ですが、

ちょっと地味。社会派の部類に入る映画だから仕方ないのかもしれませんが、
それでも先が読めて、結局なんなん?ってところです。
でもそれを上回アンディのかっこよさ。怒った横顔がたまりません。

スカーレットレター
これまた大好きなゲイリー・オールドマン!
主役の強く愛に生きる女性はデミ・ムーア。

イングランドから新大陸に渡ってきたある女性が貫き通した真実の愛!壮大な歴史ロマンス!ってところです。ただ原作『緋文字』とはかなりかけ離れてるみていですけど。

いくら愛する男を守りたいからってそれはやりすぎ、あんたの自己満足!かわいくない女!って思いました。
なにより、ひさびさにまともな役してる、壊れてないゲイリー・オールドマンを観ました。

クリムゾン・タイド
これもまたまた大好きなデンゼル・ワシントン。
この人より美しい黒人はおりません、男も女も含めて。

ストーリーは、原子力潜水艦アラバマに乗り込んだ艦長と副艦長の対立、
クルーたちの苦悩などを描いたものです。

ジーン・ハックマンとのやりとりも見ものですが、さすがにデンゼル・ワシントン様でもジーン・ハックマンにはちと押されてました。これからも応援してます。

はらはらした映画です。何度観てもよいです。吹き替えだったんですが、
なぜか字幕も映っててみるとき忙しかった。いい英語の勉強にはなりましたが
、ミサイルとか核戦争、魚雷とか軍事用語ばっかりでした。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-19 12:55 | 映画について

    

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30