飽きたらお休み


<   2005年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧



昭和20年8月6日

昨夜、涙そうそうプロジェクト・ドラマ特別企画「広島・昭和20年8月6日」を観ました。

1日経った今も心の中に重いものがのしかかっています。

詳しい内容は公式サイト↑観ていただいたら分かるんですが、
ドラマが済んでエンドロールが流れている後ろに、被爆した人たちの生々しい写真が

出てくるのが胸締め付けられました。

ドラマのストーリーとともに、米軍が原爆投下に至るまでの過程を
テロップで流していくのですが、これが実に効果的なんですよね。

当時投下予定地は5つほどあって、そのうち2つが選択されたんですが、
長崎は小倉の天気がよくないために長崎に変更。

原爆はもう60年も前のことといっても、そう考えたら
もしも小倉に原爆が投下されていたら私は今ここにいないんだということを

あらためて思い知らされました(うちの親、小倉)。

私も高校まで広島の学校でしたので、他の都道府県に比べ
戦争や原爆といった問題には触れたり学んだりする機会は圧倒的に多かったと思います。

その中でも1番最初にヒロシマの原爆を意識するようになったのは「はだしのゲン」
超有名な反戦漫画です。

みたことない方ははだしのげんBGがうるさいけど・・・

小学生のとき親戚のお姉ちゃんに読ませてもらった(もちろん広島に住んでた親戚)んですが、
あまりに重くて、今でもこんなにヘビーな漫画、よっぽど気力体力の充実しているときでないと読めないのに、読破しました。

まだそんなに戦争に対する明確な考えも持っていなかったし、漠然と「ひどいこと」くらいにしか
考えていなかったころにこの漫画を読みました。

まず現実の話であるということ、絵柄がリアルだったということなど理由はいろいろ
ありますが、どぎもを抜かれました。実に大きな影響を受けました。

読破してから今もヒトコマヒトコマが脳裏に焼きついているようで、
今でも、はだしのげんを本屋などで
目にしても、怖くて手に取ることすらできないんです。

そう、そのはだしのげんを読んだときのことをこの涙そうそうプロジェクト観て
思い出しました。

60年だから、区切りの年だからというのではなく、8月6日だからというのではなく、
日々、こういう問題は、誰もが心のすみにおかねばならないんだと痛感。

戦争から生まれてくるものなんてなにもないです。
人や動物、建物、文化、芸術すべてをなくし、なくすだけでなく、
憎しみや悲しみ、絶望感を生むだけの行為です。

分かっているのに歴史はそのくり返し。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-30 21:42 | ニュース


CMカテゴリ作らなくては

すみませんまたCMです。

ハチ アブ マグナム ジェット

これはかなりパワーありそう。

私は目下ハチよりもハトなんですが、こいつはカラスにでも効きそう。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-30 02:37 | ニュース


またCMなんですが

竹内力の旨チョコミルク

まあ私にとっての竹内力はミナミの帝王なんで、ストレートにはまりそうな位置にいるんですが、
彼があそこまでイッてしまうくらいおいしいの???

もう秋風吹いているので 私としては今さら「アイス?」なんですが

食べます!!!!
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-30 02:33 | ニュース


イニシャルD THE MOVIE

イニシャルDの試写に行ってきました。

漫画は全然読んだことなくて、知ってる人から
豆腐屋の息子の峠のカーチェイスの話で、「うなアホな!」という場面が多々あるという
予備知識だけ。

試写に来ていたのは男性が多かったような。
たしかに漫画を読んでいたら笑えるんだろうなあってシーンやコメントもたくさん。

あれをすべて実写でやったというのには脱帽。
うなアホな! 最初から最後までそうでした。

藤原拓海役のジェイ・チョウよりも、高橋涼介役のエディソン・チャンの方が私は好き。
基本的に育ちのよさそうなぼんぼん顔って大好きです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-27 17:13 | 映画について


焼き鳥ならば

東通りの闘鶏次郎本店

早い時間に行ったのでゆっくり楽しめました。
リーズナブルで大満足。しめの鶏スープなんか泣きたくなるくらい美味しかった。

緑茶の梅酒も初めての味。これははまりそう。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-27 01:06 | お店


ブラスト! ブラスト! ブラスト!

行ってきましたよブラスト!

お昼の公演ということもあり、吹奏楽やってます~って感じの女子高校生が多かったです。
普通の舞台と客層が全然違って、

制服着た女子高校生がたっくさんいて、それはそれで楽しかったです。
私の席の両隣も(制服ではないけど)女子高生。

舞台は、 ビバ!アメリカ オ~マイガ~の世界でした。

金管楽器ってやっぱり迫力あります。トランペットの音色が胸にズッキュ~ンです。

トランペットといえば、思いつくのが必殺仕事人のオープニング。
前職で音楽隊のコンサートの司会をやらされていたとき、仕事人のオープニングの

トランペット吹いてる人がゲストで来ていて、生で聞いたときにはしびれました。

ブラスト!は音楽とダンスもあったんですが、ダンスはバトンぽいのが中心。
ジャズダンスぽいのが多いのかなと思っていたんですが。

こんな舞台を高校生のときに観ていたら、文化祭とかもっと頑張っていたかもしれないな
なんて思いました。吹奏楽部とダンス部、もちろん放送部なんかも合同でなんかドカンと

あっと驚かせる演出をできたような気がします。

ブラストの人たちは20代中心で、まああんなに運動量が多くなると30代は無理かな。
楽器をしながらだとダンスといってもどうしても限られるのですが、それでも

トロンボーンを空中に投げたり、一輪車に乗って吹いていたり、う~~~
とにかく出演者みんなどの楽器もできるし、踊れるし、歌えるし

芸達者なやつらが数十人も一斉に大暴れ。
そりゃ迫力はすんごいですよ。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-27 00:53 | 舞いタンゴ


恐るべき角質

生まれて初めて足裏の角質を取りました。

フットルーム プラナ

夏はサンダルしか履かないから足裏は石のように硬くなっていました。
もちろん、自分でおうちでケアなんて一切しないので、気にはなっていたんですよね。

なかなか足裏のマッサージはたくさんあるんですが、角質まで取ってくれるところ。
なかなかないんですよね。

ドイツ式とか、わけわからないところや、おいおい大丈夫かよって若いねえちゃんが
やってるところはあるんですが、

こう、質実剛健ぽい真面目な角質とり屋さん。
やっとそれらしきところを発見して行ってきました。

やってくれたお姉さんも足うら みるなり「腕がなります」ってごしごしやってくれました。
あっ全然痛くないですよ。

フットバスのあと、まずは20分くらいまずはパックをして足裏を柔らかくします。
それから、角質を削ります。

しめて60分。

とれた角質を見せてもらいました。おおおおおお~~~~(~_~)
ちりめんじゃこのような、消しゴムのカスのような、こんなもんが私の体の一部だったなんて

いやいや~これは私のもんじゃない。

でもね、おかげで足裏はもっちもち。
赤ちゃんの肌のよう(これは言いすぎ)。足がカル~~~くなった感じ。

サンダルに足を通すと、きゃん^^;
足裏にサンダルノフカフカが吸い付く感じ。

まだ未体験の人 お薦めです
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-27 00:35 | 健康歳時記


もうすぐ夏休みが終わる

週1回のモダンジャズダンスのレッスン。
平日の午前中なので、私以外はおばさんばかりなんですが、

最近のおばさんたちの話題は「やっと夏休みが終わる!」

子供が学校に行ってくれるので嬉しくてたまらないみたいです。
そういえば、レッスンの間小学生の低学年とおぼしき子供たちが

結構たくさん教室に併設されているカフェで宿題をやっていた。
お母さん待ってたんだろうなあ。

おばさんたちは嬉々として
「やっと解放される、子供がいたらランチも行けない」
「本当に学校ってありがたいわ。給食まで出してくれて」
「ほんとほんと、それを言うなら会社もありがたいわ。旦那あずかってくれるし」

とこんな感じ(ほんの一部)。ここから先が面白かったんですけど。

春のダンスの発表会。今回は見送りました。
どう考えても、来月からの練習に参加できそうにないし、本番当日も日曜日なんで

休めるかどうかも分からないし。う~残念。先生ごめんなさい。せっかく薦めてくれたのに
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-26 02:18 | 舞いタンゴ


フォーガットン

久しぶりに映画館で映画を観ました。レディースデーだったから。
フォーガットン

予告を観て「おお、これはすごそう!」って期待していたんですけど、その割には
あんまり話題になってないなと一抹の不安は 大当たり。

まれに見る駄作。

これ主演がジュリアン・ムーアじゃなかったら、私怒り狂ってたかもしれないです。
ジュリアン・ムーア そんなに好きな女優ではありませんが、

本当にいろんな表情を見せてくれ、たまらなく美しく見えるときと
醜さ全開のときがあったりして、すっごい存在感を感じさせてくれる。

そうそうフォーガットン。

ストーリーがめちゃくちゃ。これから観る人ごめんなさい。でも言いたい。

あんな予告見せておきながら、実は宇宙人の仕業って
そりゃないですよ・・・・・・・。

ボーン・スプレマシーのパクリでもいいから、人間だけの話の中で勝負して欲しかったです。

そうそう、はじめて天五のホクテンザに行きました。
深夜のタクシーでたまに前を通るのですが、任侠ものやエロ系、超マイナーなものしか
やってない。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-26 02:05 | 映画について


JC(ジュエリーコーディネート)検定試験 販売

最後の科目。これは実際に仕事に携わっている人(ほとんどの受験者)には
なんでもないものなんでしょうが、

私にはさっぱりな世界です。
ストア・コンセプトだの、商品回転率や交差比率、社員教育だのって・・今の仕事には

まったくかかわる部分がないところです。
持参した電卓たたきながらなんとかこなす。

例の秘密の場所でオロナミンCゴールドに続き、ブラックコーヒー飲んで
ありったけの気力で乗り切りました。

2級は3科目あるけど、科目ごとに合否が出るから、1科目だけ受験してる人なんかも
いました。

総勢50人くらいでした。

全国数箇所でしか検定試験は開催しておらず、圧倒的に東京が多いのですが、
全体の合格率は2割くらい。

3科目終わってエレベータを降りると、午後から始まる3級の受験者でごったがえしてました。
2級と違って人数も多いし、層が違いました。たしかに

勉強して思いましたが、3級と2級のレベルはかなり違う。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-25 02:53 | おぼえがき ダイアリー

    

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho