飽きたらお休み


カテゴリ:映画について( 65 )



映画をじっくり観る時間がないんです

スティル・クレイジー
最近おやじバンド再結成が流行っているようですが、まさにそれです。
バンド経験者やロック大好きな人は涙なしには観られない映画でしょう。
もっと大人になってから(歳をとってからの間違いでした)観たい映画です。

ワイルド・スピード
あんまり好きじゃないかな。
[PR]
by besame-mucho | 2005-12-13 02:23 | 映画について


人によって評価が分かれる

ミステリーアラスカ
1999年 カナダ=アメリカ
ラッセル・クロウが素敵。長い目で見たらこんな人が旦那だったらほのぼのと幸せになるんだろうなって。ホッケー好きは楽しめると思います。
[PR]
by besame-mucho | 2005-12-01 08:04 | 映画について


不作続き~

デッド・ヒート・コネクション
超いいかげんな母を見切って父親を探しにラスベガスに向かった少女と、一緒に道連れにされたイケメンボーイの話。
けっ!!!って映画ですが、イケメンが泣きたくなるくらい美形。最後まで観てしまった。

LOVERS
こういう世界はよく分かりません。
[PR]
by besame-mucho | 2005-11-16 21:39 | 映画について


期待はずれの2作品

続・黄金の七人 レインボ-作戦
圧倒的に前作の方がよかった。話がばらばらでまとまっていない感じでした。

シャンプー
ビバリーヒルズで、お金持ちを相手に髪を切る、女に手を出しまくってるカリスマ美容師の話。
よくあるストーリー。美容士役のW・ベイティは映画同様の実生活を送っていたと、本編前の開設でありました。
[PR]
by besame-mucho | 2005-10-27 08:57 | 映画について


病気とわたし

飛鳥へ まだ見ぬ子へ
原作を読みたいなって思わせてくれたのでよしとします。ゴロちゃんの演技は期待してなかったけど、そんな期待にはこたえてくれなくてもよかったんです・・・。

この作品から思い出したのが『珠子 10歳のレクイエム』という本です。
たしか母が「読め!」といってくれた本で、たぶん誕生日かなんかの記念日の

プレゼントだったと思います。
そのとき私もちょうど主人公の珠子と同じくらいの歳で、
ストーリーは、骨肉種で小学生の女の子がどんどん病に犯されてしまうというものですが、

正直、今までで一番衝撃を受けた本です。
大人になってからではなくて、自分と同じ歳の女の子がこんなことになってるなんてって

それだけで、そのころの私には強い強いなにかを残したんだと思います。
[PR]
by besame-mucho | 2005-10-15 00:57 | 映画について


映像の美しさも映画の魅力

200本のたばこ
おおみそかの夜。新しい年を1人で過ごさないために、新しい出会いを求めて
パーティーに向かういろいろな人のストーリーが同時進行で進んでいきます。
出演者がとにかくタバコをよく吸う。スパスパ。うっとうしいな~って
私、すっかりタイトルを忘れて観てました。

カリブの熱い夜
フットボールの花形選手がチームをクビになり、友人の依頼で、ある女性を探す
仕事を引き受ける。しかしカリブで彼女に出会ってすぐさま恋に落ちて~というストーリー。
カリブの映像の美しさと、主題歌は有名ですが、お話はおそまつかも。

エーゲ海の天使
浦島太郎のイタリア版。圧倒的な海の透明感が印象的でした。
しかし、イタリア語とスペイン語って本当に似てる。イタリア男って色気あるよな~。

スズメバチ
フランス映画。な~んだか分かりにくい話だけどフランス映画だし。よく人が死にました。
最初にスズメバチが巣からうようよ出てくるシーンがあります。どことどう結びついて
スズメバチなのかよく分からなかった。フランス男も色っぽいな~。
[PR]
by besame-mucho | 2005-10-08 20:16 | 映画について


趣の違う作品を一気に観る どっちも最高

海辺の家
これは観て欲しいというより、”観なければならない”くらい素晴らしい作品です。
ケビン・クラインの演技が自然でありながら、実に深いというのもあるんですが、
脇を固める俳優たちも劣らぬ存在感。

ケビンの演技のせいで(ガンにおかされてどんどん具合が悪くなっていく)、
映画を観終わったとき、私もつられて具合が悪くなってしまったくらいです。

だからといってお涙もんではなく、もっともっと大事なことに気づかせてくれました。最後の最後にこんなことだったのか・・・ってのもよいです。

エル・シド
11世紀、スペインを救った伝説の英雄エル・シドの生涯を描いた大スペクタクル映画。
とおおげさに書きましたが、本当にそうです。ベン・ハーぽい作品!

チャールトン・ヘストンがエル・シドを演じているんですが、なにより
妻ソフィア・ローレンの美貌は尋常ではないです。

もうどの角度から見ても完璧で、笑っても(あまり笑うシーンはなく、微笑むくらいでしたが)怒っても泣いても非の打ち所がない。

いかなる高度整形技術を持ってしてもあんな顔は作れないだろうなあ、イタリアに行ったらあんな女性いっぱいいるんだろうな~とかいらんこと考えながら観てました。

父と一緒に観たんですが、「次はこうなる」とか「ここからがヤマ場」とかご丁寧な解説つきで
本当はラストシーンの、エル・シドが死んだまま白馬に乗って浜辺を駆け抜けるんですが、

このラストも感動ものなんですけど、「最後が笑える」って言うもんだから
本当に笑ってしまったよ・・・も~~~~
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-19 13:13 | 映画について


私の好きな俳優たち

NY検事局
大好きなアンディ・ガルシア主演で楽しみに観ました。
与えられた職務と現実の腐敗とのギャップに苦しむ若い地方検事の話ですが、

ちょっと地味。社会派の部類に入る映画だから仕方ないのかもしれませんが、
それでも先が読めて、結局なんなん?ってところです。
でもそれを上回アンディのかっこよさ。怒った横顔がたまりません。

スカーレットレター
これまた大好きなゲイリー・オールドマン!
主役の強く愛に生きる女性はデミ・ムーア。

イングランドから新大陸に渡ってきたある女性が貫き通した真実の愛!壮大な歴史ロマンス!ってところです。ただ原作『緋文字』とはかなりかけ離れてるみていですけど。

いくら愛する男を守りたいからってそれはやりすぎ、あんたの自己満足!かわいくない女!って思いました。
なにより、ひさびさにまともな役してる、壊れてないゲイリー・オールドマンを観ました。

クリムゾン・タイド
これもまたまた大好きなデンゼル・ワシントン。
この人より美しい黒人はおりません、男も女も含めて。

ストーリーは、原子力潜水艦アラバマに乗り込んだ艦長と副艦長の対立、
クルーたちの苦悩などを描いたものです。

ジーン・ハックマンとのやりとりも見ものですが、さすがにデンゼル・ワシントン様でもジーン・ハックマンにはちと押されてました。これからも応援してます。

はらはらした映画です。何度観てもよいです。吹き替えだったんですが、
なぜか字幕も映っててみるとき忙しかった。いい英語の勉強にはなりましたが
、ミサイルとか核戦争、魚雷とか軍事用語ばっかりでした。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-19 12:55 | 映画について


外国人の子供や赤ちゃんにはかなわない

今回は「外国人の子供の愛くるしさに脱帽」しました作品をいくつか。
まずは夏休みのレモネード
7歳と8歳の男の子は主人公。2つの家族のライフスタイルの違いや、ユダヤ教とカトリックの溝、
などがテーマになっていて、あとは神や父親のあり方など、なんかとりとめない説明ですが、

ベン・アフレックよマット・デイモンがストーリーに惚れ込んで関わったというのは
大いにうなずけます。

ウィロー
ジョージ・ルーカス原作、総指揮のSFXファンタジー。
完全な神話と魔法の世界なんで、子供も大喜びするの間違いナシの作品。

だって、サイズの違う小人や妖精もたくさんたくさんでてくるし。
アメリカンなギャグ満載。

将来女王になる女の赤ちゃん(ゼロ歳児)を守るため、実に魅力的な面々が
登場します。大掛かりな戦争あり、1対1の決闘ありと見所もたくさんあるんですが、

ニコニコ笑ったり、声を上げて泣いたりするだけの赤ちゃんの愛らしさには
役者もかすむ。この世のものとは思えないくらい、周りからはおばばか呼ばわりされ

”チームおばばか”自称理事長の私でも、
「姪っ子が束になっても、かなわんなあ」と思いました。

猫の恩返し
ご存知ジブリ作品。特にコメントすることはありません。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-11 21:12 | 映画について


イニシャルD THE MOVIE

イニシャルDの試写に行ってきました。

漫画は全然読んだことなくて、知ってる人から
豆腐屋の息子の峠のカーチェイスの話で、「うなアホな!」という場面が多々あるという
予備知識だけ。

試写に来ていたのは男性が多かったような。
たしかに漫画を読んでいたら笑えるんだろうなあってシーンやコメントもたくさん。

あれをすべて実写でやったというのには脱帽。
うなアホな! 最初から最後までそうでした。

藤原拓海役のジェイ・チョウよりも、高橋涼介役のエディソン・チャンの方が私は好き。
基本的に育ちのよさそうなぼんぼん顔って大好きです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-27 17:13 | 映画について

    

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30