飽きたらお休み


アルゼンチンタンゴの靴

今のところ3足あります。3足しかないというのか。

一番最初に買ったのは、初めてカルチャーセンターにアルゼンチンタンゴ習いに行ったとき靴がなくて、そのときの先生がアルゼンチンのカルロスという職人に同じ物を2足作ってもらって丁度届いたからというので、履いてみるとぴったり。それがはじめての靴です。

あとで気づいたのですが、ヒールも9センチ以上あるとても素人のはきこなせるものではなく、でもそんなこと知らないので、かなりよたつきながら「なんて難しい踊りなんだろう」って思っていました。

そしてしばらくして、ミロンガに行ったりお友達の靴に目がいくようになると、どうも私のヒールは以上に高いことに気づき(気がつくの遅すぎる)、
2足目は社交ダンスのラテン用のヒール6.5センチ。

デザインも色もなにもかも気に入らなかったんですが、陳列されている中では一番履き心地がよかった。しばらくはこの靴で練習。一気に3センチ以上低くなるとはじめはなれなかったものの、前後のウォークやオーチョがこんなにもスムーズにできるものかと感動。

長時間はいていてもあんまり疲れないし。それで練習するうちに、正確な体重移動やステップを体で覚えました。そうなると、例の1足目の高い靴もなんとはなしに、履きこなせるようになって3足目。

これは中間の高さ、ヒール7センチ。
今はこの3足目を練習用で使っています。
[PR]
by besame-mucho | 2004-08-26 15:42 | 舞いタンゴ

<< そのとおりだと思う      レスリングに興味津々 >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31