飽きたらお休み


ここまできたらもうおしまい?

前回のつづき。

以前、雰囲気のよさと、使い勝手のよさ、なにより
レッスン内容のよさにひかれて3ヶ月ほどスペイン語を習っていた学校について。

インドネシア語をやりたいな~。日常会話くらいって思って、
でも、スペイン語をやめた時点で、もう雰囲気も悪いしな~って迷っておりました。

そもそもインドネシア語自体、やってるスクールが少ないってこともあったし。

それでも「体験レッスン受けてみられては?」ってことで、
言われて1ヶ月ほどして、まあ受けてみるか~って先週行ってきました。

体験レッスン30分。マンツーマンレッスンです。

久しぶりの四ツ橋のスクールですが、普段と違う曜日だから?ってことも
あるんでしょうけど、すっかり変わってました。学校の様子が。

公私の区別が全くなくなっていて、オーナーがトルコ人なんですけど、
その子供か、他の先生の子供か知りませんが、事務所が託児所状態。

先生同士が、あいさつもせずひたすら時間つぶしでくっちゃべってる。
それがアメリカンな感じといえばそうなんかもしれませんが、
ほかの生徒さんもレッスン終えて教室から出てきているのに全く無視って・・・・。

まあ、レッスン自体は普通で、私は全くしゃべれない、わからないので
あっというまに終わって「まあ、こんなもんかな」って程度。

レッスンスタートといっても当然、プライベートレッスン(他に生徒がいないので)になるので、
4回で18000円くらい。おいおい、受けられるわけないじゃん。

体験レッスン前は「最初はプライベートだけど、ほかに生徒が入ったらこの料金になる」とか
なんとかスタッフは言ってましたが、そもそもインドネシア語の生徒が増えるわけないじゃん。

なにより受講しないなら「体験レッスン代2500円かかるんです~。体験レッスンは2ヶ国語から有料で規約にもあります」って言い出す始末。

ちゃっかり領収書も作られてました。

そりゃ、有料だったら私も受けてなかったかもしれないんでしょうが、
こっちが何も言ってないのに「規約にも書いてます」って言われるのも気分が悪かったです。
講師が辞めるとか、受講システムの変更(生徒が使いにくくなる)など
言いにくいことはすべてあとから伝えてる。その卑しい魂胆が腹立ちましたね。

「もちろんインドネシア語受けられるなら、2500円いただきますが、その分レッスンを1回増やします」って言ってましたけど、

「いや、この学校には二度と来ることないので、払います」って
千円札カウンターから事務所内に投げ渡して領収書もぎとって帰りました。

つぶれるのも間近ぽいです。
[PR]
by besame-mucho | 2006-03-15 08:47 | おぼえがき ダイアリー

<< なんだかな~      金もうけ主義に転換してしまった >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30