飽きたらお休み


積木くずし 真相 2

引き続き観ました。が、

なんか1話目でおおかた終わっているような感じで、あとは
つけたしのような気もしないでもなかった。

そうそう2話目は、お水の花道の財前さんが出てきました。
離婚した母(杉田かおる)とともに娘はそれこそお水やるんですけど、

う~やっぱりあの童顔に真っ赤なチャイナドレスきても
色気ないです。

父親が「積木くずし」を出版したせいで、
娘が積木くずしの娘ってレッテルを貼られ、これこそが家庭崩壊の原因。

つまりは父親が娘を追い詰めたというのが大きなテーマだったんですけど・・・。
ストーリーテラーの藤木直人が最後まで父親に詰問するシーンがたくさんあるんですけど、

藤木はどうやら娘の働く喫茶店の常連客で、友人であり、かつ出版社に勤めている
設定。

でも、彼女が自らの告白ノートをどうして彼に渡したのか、そこまで深いつながりが
あったのかどうかも描かれていないし、第一、1出版社の若造がどうしてそこまで

年老いた父親に詰め寄ることができるのか?
最後の方はもう観てられないような流れでした。
[PR]
by besame-mucho | 2005-09-05 09:50 | ニュース

<< ちょっとヤボ用で週末東京へ      こんなことになってたの??? >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30