飽きたらお休み


アウシュビッツ

NHKで5話シリーズで深夜に「アウシュビッツ」特集をしていました。
英BBC制作の本格的なもので、1回目はたまたまニュース10観ていたら始まり、
なんだこれは??と思って見始めました。

アウシュビッツというと、1番新しいのは「白い巨塔」で、唐沢クン演じる財前教授が
ドイツに行ったときに初めてロケをしたというくらい。

あとは「アンネの日記」に「シンドラーのリスト」程度、
今回のNHKで放映していた特集は、

作ったような再現フィルムは最低限にとどめ、
生き残ったユダヤ人元囚人だった女性や男性の証言や

ナチスの元親衛隊などのインタビューなどを中心に作られていました。
生々しい作られたような画像やCGがない分、かえってストレートに当時どんなに

残虐なことが行われていたかが伝わってきました。戦時下とはいえ、人間って
一体どこまで卑劣で残虐なことができるんでしょう・・・・・・。

インタビューに答えている人たちはもちろん、モザイクなど入っておらず、
元親衛隊のおじいさんもはっきりと、堂々と「私は自分のやったことを悪いこととは思っていない
後悔していない。私は歯車にすぎなかった」と反省はしていないと言ってました。

アウシュビッツの撮影は許されていなかったものの、命を懸けて撮った写真もいくつかあり、
それはガス室の死体を焼却する任務をさせられていた同じユダヤ人の囚人が撮影したものだったんですが、

よく山や野原に不法廃棄しているごみの山がテレビのニュースなどで映像で流れますが、
要はあれがすべて死体・・・。ガスで息耐え、焼却する前に山積みにされ放置されている死体。

写真は、かなり日焼けはしていますが、はっきりと人の長い手や足が分かりました。

知人にもこんな番組してる!って伝えて、何人かは「観た!教えてくれてありがと」って言われましたが、もっと大勢の人が観れる時間に放映して欲しいです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-08-20 19:02 | ニュース

<< 土の中の子供      またまたきっついのばっかり観ました >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31