飽きたらお休み


オーストラリアの映画

立て続けに偶然オーストラリア映画を2本観ました。

サイアム・サンセット
1999年のコメディータッチのヒューマンストーリーです。
ありえへん!って事故で最愛の妻を亡くした男性(イギリスの)が当選したオーストラリアのツアーに行って、そこでの経験を通じて~って話です。

私は初めての海外で経験したブッシュウォーキングを思い出す場面がたくさんあって、それで見入ってしまいました。

他のちゃんとしたツアーの人たちがコテージに入る姿を横目に、どうしようもない場所で泣く泣くテントを張り、そこで野宿。そんなシーンが盛りだくさんで懐かしく鑑賞しました。

ちなみに映画のタイトルのサイアムサンセットは色の名前。主人公の男性は、新しい色の開発にたずさわっていて、このツアーを通じて自らの探し求めていた色を発見!って映画です。

映画の見所ですが、主人公がひょんなことで貧乏バスツアーに参加することになった女性と二人でSAみたいたとこで食事をしているとき、女性の着ている上衣と同じパープルを、ライスやマヨネーズなんか混ぜて作り出すシーン。

ハマー・アウト
ラッセル・クロウがハリウッドでブレイクする前の故郷オーストラリア時代に主演した映画です。なんか「シェ~~~ンカムバッ~~~ク」を思い出してしまいました。

この作品、最近までは観るのがとっても困難だったらしいです。

どうやら売りは、映画の初めの方のラッセル・クロウが裸で(すっぽんぽん)馬に乗るとこらしいんですが、

私が印象に残ったのは、籐の椅子を盗んで「乾いた籐はタバコになる」って老いぼれた老婆が椅子をむしってそれを吸うシーン。

そうそうもちろnオージーイングリッシュ満載。「8」なんか思い切り「アイト」です!
[PR]
by besame-mucho | 2005-05-02 02:07 | 映画について

<< 素晴らしい!      雪下生花店 >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30