飽きたらお休み


パッチギ

パッチギ 観てきました!

京都が舞台で、私よりも少し歳が上の人で、地元の人は自分自身の若いころと重ね合わせてみることが出来て何倍も味わえるんだろうなって映画でした。

私はいろんなこと知りました。

この時代の音楽や芸能、
わたしは、北朝鮮や日本のやってきたこと知らなさすぎるって感傷的な気持ちには全くなりませんでしたが、

単純に、サッカーの北朝鮮戦を来週に控え、パッチギを観ることができてちょっと得した気分にはなりました(映画の始まり:主人公の日本の男の子が‘朝高‘にサッカーの親善試合を申し込みに行く)。

主役をはる役者さんたちはもちろん、脇をかためる人もよかった。
私はオダギリジョーが好き。

テレビで井筒監督が「絶対パッチギはテレビなんかじゃ放映されないから映画館でみてくれ」って言ってましたが、うん
絶対放映は無理だろうな。かなりえげつないけんかにシモネタ。口にビー玉がんがん入れてボコボコに殴りつけるシーンなんか、こっちまで歯食いしばってみてて痛かった。

周りのお客さんも「いたいよ~」って小声で言ったり、横のカップルは二人でヒンヒン言いながら観てた。

しばらく頭の中「イムジン河」。通勤で毎日淀川超えるんですが、そのたびに口ずさんでそうです。
[PR]
by besame-mucho | 2005-02-03 11:19 | 映画について

<< 愛情がなければ作れない物      シアターダンス?? >>

心地よい刺激を求めて
by besame-mucho
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30